特集ページ

インスタ映え特集

これであなたもインスタ映えする写真が撮れる!

 

2017年の流行語大賞の年間大賞に選ばれた「インスタ映え」ですが、インスタって何の略かはご存じですよね? お年寄りに聞くと「インスタントカメラ?」って答える方もいるようで、全年代を制覇しているようには思えませんが、着実に多くの世代で注目されているのが、写真投稿型SNSの「Instagram(インスタグラム)」です。コンセプトは「言葉じゃねえ、感じるんだぜ。」という、とにかく写真を見てインスピレーションを働かせるという、時間もそんなに取られないし長続きしやすいSNSとして注目されています。いいね!の数が多ければ多いほど、投稿者は味をしめてさらなるいいね!獲得のために次々と写真を投稿しまくります。そのために、より多くの人に共感してもらうためには、ただ普通に撮影した写真では駄目・だめ・ダメ! ちょっとした細工を加えるか、ちょっとしたアイデアひとつで、普通の写真が「あら?」と魅力ある写真に! これが「インスタ映え」する写真ということになります。つまり、「インスタ映え」というのは、より多くの人に共感してもらい、より多くのいいね!を得るための技術であり手法であり、その写真そのものを指すのです。
世界中で人気のSNSですが、Instagramは日本では特に若い女性に人気です。企業も積極的に取り入れていますが、やはり人気の層にあわせたのか、美容室やネイルサロンなど、若い女性向けのサービスが多いです。では、「男はインスタやっちゃいけねえのかよ!」と突っ込まれそうですが、そんなことはありません!むしろ、男がインスタ映えする写真をいっぱい投稿すれば、着実に若い女性からの人気が増えていき……運命的な出会いも期待できる!……かどうかはあなた次第です。要は、どれだけ多くの支持を得るか、です。

いいね!をいっぱい貰ったらやはり嬉しいもので、調子がいいと、写真をアップロードすることが日課というか、当たり前になってしまいます。むしろ、写真が投稿できないとストレスが貯まる人もいるそうです。その意欲、いったいどこから沸いてくるのでしょう?

SNSは、知らない人に自己アピールが届くツールで、スマートフォンの普及とともに劇的に普及していきました。これまでのTwitterやFacebookなどのSNSでは、主に言葉でアピールをし、画像はオマケ的な存在だったのですが、インスタグラムは「写真」に特化したSNSとして、その手軽さとおしゃれな感覚が受けいれられ、現在最も勢いのあるSNSと言われています。その本質は、言葉で説明するのではなく、写真で主張することです。言葉ももちろん投稿できますが、なれた人は一言だけで済ませ、あとはハッシュタグのオンパレード! このハッシュタグの多さで拡散度が決まります。インスタグラムは、ハッシュタグの参照数が投稿中に出てくるので、効率のよいハッシュタグを探すという楽しみもあるのだとか。今日はどんなタグつけようかな? 今ではTwitterやFacebookでも、言葉ではなく視覚で攻めようとする傾向がありますが、やはり文章メインのツールであるとともに、洗練されたインターフェイス(見た目)では写真に特化したインスタグラムにはとうてい及びません。まだSNSが怖くてやってなかったけど、これからやろうかな~と思っているスロースターターなアナタにはっ!ぜひ導入の敷居の低い「インスタグラム」をおすすめします!
「でも、インスタ映えする写真、撮れない……」って嘆いている声も聞こえてきます。うんうん、悲しいですよね、辛いですよねぇ?

そこで、ここではインスタ映えする写真の撮り方、加工の仕方などをバッチリ教えちゃいます! これであなたの写真にいいね!がどんどん……ああ、想像しただけでドキドキしちゃいますね!

でも、最初からこんなこと言うのもですが……、一番大事なのは、技術やセンスじゃないんです。それは……「私の写真を見て!」という情熱なんです! 「あー、流行ってるからとりあえずやっておこう……」なんて気持ちで取り組んでも、結果は実りません!

さあ、心構えができた人だけ、次のページを見てください!ヘイ、カモーン!

 

(続く)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

特集ページ一覧へ

ページトップ